正社員の生の声2019〈池田 竜也〉

南風 正社員の生の声2019/池田竜也

池田 竜也 Tatsuya Ikeda

<丸の内堀川店店長/2009年アルバイト入社。2011年4月より正社員>
1988年8月27日、愛知県名古屋市生まれ。野球小僧として育ち、高校時代は甲子園を目指すもナミダ。卒業後は警察官として街の平和を守る。その後フリーターとなり、南風丸の内堀川店にアルバイト入社。そこで、人生の師と仰ぐ毛利祐紀元店長(現社長)と運命的な出会いを果たし、正社員の道へ。そして、2013年1月1日より店長となる。『店は人である』を継承し、スタッフの『共育』に日々『超戦』している。目の前のお客様を喜ばす事に全力を尽くす鉄板職人。趣味はもちろん草野球。本気で全国優勝を狙っている。


Q.2018年、社内の動きや自分の出来事で一番印象深いことは?

2017年に続き、2018年も新店をオープンした事。しかも今までにない、新業態だった事。みんなが頑張って働いた結果がしっかり形になっているので嬉しい!私事ですが、娘が生まれた事。社長含め、会社の人たち、みんなとても親切にしてくれるし、色々と配慮もしてもらい感謝しております!

Q.日々働いていて、楽しさややりがいを感じる時は?逆に辛いなあと感じる時は?

頑張った結果を何かの形として示してくれるので、更に頑張ろうと思える。それもやりがいだし、自分は店長なので数ある仕事の中でも、人を育てるという店長の仕事内容そのものにも楽しさや、やりがいを強く感じます。自分は朝が弱いので、唯一辛いなーと思うことは会議がある日の早起きです。

Q.給料、ボーナス、休み、待遇についてはどうですか?

その点については会社に対して何の不満もありません。自分の店で出した結果だけで判断せず、様々な角度から人を見て評価を頂けるし、会社をしっかり強くして、みんなが幸せになるよう上の人は常に考えてくれるので、自分も現場レベルでそういう面の力になれればと思います!

Q.あなたにとって南風の良いと思うところ(価値)は何ですか?

組織としてしっかりしてるという所です。『飲食店、サービス業だからそれは仕方ない』っていう妥協はせず、常にどうすれば従業員が快適に楽しく働けるかを考えて行動してくれる所です。

Q.2019年、どんなことに期待していますか?

会社に何か特別、期待していることはありません!期待していなくても何か面白いことをやってくれるし、その為にも現場でしっかり結果を作ります!

Q.南風に入社しようか悩んでいる人へ一言。

南風はいい会社です!