スタッフインタビュー〈大嵜 零士〉2nd

南風スタッフインタビュー/大嵜零士

大嵜 零士 Reiji Osaki

<多治見店アルバイトスタッフ/2018年6月入社>
2000年3月生まれ、岐阜県可児市出身。南風多治見店に約3年半勤める。ホールで経験を積みつつ、店長から一生懸命に働いている姿と店長が羨ましがるほどのイケメンぶりを買われて鉄板職人の道へ。思考錯誤しながらも持ち前のガッツを見せて、今では店に欠かせない鉄板職人に成長。2021年8月、就職の為卒業を記念してスタッフインタビュー二度目の登場です!

過去インタビューはこちら

何十回も作ったゴーヤチャンプル(笑)

卒業を目前にして、今の気持ちは「南風で働いていて良かったな。」と思います。
友達とも働けたし、新しく友達も出来て、本当に良い仲間に恵まれたと感じてます。

南風で働いていて、1番勉強になったのはコミュニケーションです。アルバイトのみんなや社員さん、常連さんやお客さんなど様々な人達と接する機会があったので、就職先でも良い経験になったと思うし、スキルとしても学ばせてもらって良かったなと思いました。

鉄板も最初は難しかったけど、何回もやったり教えてもらう内に出来るようになって楽しくなりました。得意な鉄板料理ですか?ゴーヤチャンプルです。理由は、1番最初に教えてもらったし、何十回も作ったので(笑)。

南風での1番の思い出は、やっぱり新年会やNOFです。去年・今年とコロナでやれなかったのは心残りでしたが、そこで他のお店の人とも仲良くなれたし、何より楽しかったです。

これから入ろうと思ってる人は、ぜひ南風で働いてみて下さい。たくさんの仲間といろんな経験が出来るし、一生の縁が出来ると思います。
長い間、お世話になりました!



南風 多治見店

2015.01.01