スタッフインタビュー〈伊波 萌那〉

南風スタッフインタビュー/伊波萌那

伊波 萌那 Moena Iha

<多治見店アルバイトスタッフ/2020年12月入社>
2001年生まれ。中京学院短期大学、健康栄養学科1年生。沖縄県は石垣島に生まれ、パティシエになりたくて中京学院短期大学に入学。気付いたら栄養士を目指す事になる。島んちゅの父親とフィリピン人の母親のミックスで、さとうきび畑を耕している。石垣島にいる時は、もえな自身もトラクターに乗ってお手伝いをしている。趣味はドライブで、好きなSixTONESの聖地巡礼をしようと思っていたらコロナが始まりなかなか行けなくなりちょっとガッカリ。今の夢はダンプカーを運転する事。人見知りなニューフェイス。

ラフテーがおばあちゃんが作った味みたいで美味しくて。

南風に入ったキッカケは、沖縄から多治見に来てアルバイト先を捜してた時にいろいろ求人サイトを見てたら南風を見つけました。沖縄料理のお店だったから良いなぁと思いつつ知らなかったので、沖縄から来た友達と食べに来たら、ラフテーがおばあちゃんが作った味みたいで美味しくて、ここなら良いかもと思って応募しました。
ただ、応募した時がコロナの第一波ぐらいで一度断られたのですが、店長から「良かったらインスタフォローしてね。」って言われて、また行きたかったのでフォローしてました。学校の始業が遅れたので沖縄に帰っていたのですが、学校が始まると決まり多治見に戻って来たぐらいにインスタから連絡があり、「もう連絡は来ないだろう。」と思ってたのでビックリしました。もうちょっと遊びたかったんですけど(笑)、働かなきゃいけなかったし連絡もしてもらえたから南風に入りました。

人見知りだったのと、料理も好きだったのでキッチン志望で入りましたが、今はまだ覚えるので一生懸命です。忙しい時はオーダーがたくさん来てパニックになっちゃってますけど、頑張れば出来るようになると思うし、やれる事が増えたらもっと楽しくなると思うとすごくやり甲斐があって楽しいです。

店長は、店長っぽくないです(笑)。悪い意味じゃなくて、店長のイメージって頭が固くて頑固で怒りっぽいイメージがあったんですけど、そんなのが全くないです。
ラムジさんも最初は見た目が怖かったんですけど、日本語が上手だし優しく教えてくれるので楽しいです。
他のアルバイトスタッフも、みんな元気で雰囲気も良いので、自分も人見知りを無くしていって、もっとみんなと仲良くなりたいと思います。

お店での目標は、どんなに予約で一杯になっても、みんなから「もえながいれば大丈夫。」って思われる事です。そう思ってもらえるように頑張ってるので、南風に入ろうか迷ってる人は一緒に頑張りましょう!



南風 多治見店

2015.01.01