スタッフインタビュー〈今井 義稀〉

南風スタッフインタビュー/今井 義稀

今井 義稀 Yoshiki Imai

<多治見店アルバイトスタッフ/2017年3月入社>
1998年4月30日生まれ。中部学院大学の4年生。妹2人のいる長男坊。趣味はカラオケ・ゲーム。カラオケは一緒に行った事のある店長曰く『めちゃめちゃ上手い』。最近ハマったゲームは『どうぶつの森』で、外出自粛中はやり込みまくっていた。好きな食べものは寿司で好きな寿司ネタはサーモン。多治見店を裏から支えるキッチンのスペシャリスト。

歳の近い年上の先輩と話すことが苦手で、そこはものすごく苦労しました。

南風に入ったキッカケは、友達の紹介です。もともと違う飲食店でアルバイトしてたのですが、辞めようか悩んでいた時に、同じ高校の同級生が南風で働いていて、「じゃあ一緒に働かない?」と誘われました。その子以外にも友達が働いていて、友達と働いた経験が無かったので良い機会だと思い入社しました。

自分は人見知りでコミュニケーションを取るのが苦手でキッチン志望で入りました。キッチンの仕事は前の飲食店でもキッチンをやっていたので、頑張ったら出来るようになれると思っていましたが、歳の近い年上の先輩と話すことが苦手で、そこはものすごく苦労しました。

でも、働くにつれて仕事に自信もついてきて、さらに後輩も増えてきたのもあって今では後輩が働きやすいように声をかけるのを心がけています。今ではホールにも出たりしていて、そういうコミュニケーション能力がついたのがここで働いて良かったなぁと思います。

自分自身、アルバイト先に求めるのが人間関係。

アルバイト同士も仲が良くて、雰囲気はすごく良いと思います。前のバイト先では同僚の人とプライベートでは全く話さなかったのですが、今はみんなで遊びに行ったり、仕事の合間にイジられたりしてます(笑)。店長は見た目は頼りなさげですが(笑)、みんなが困った時に相談されたり、その時にすぐに指示を出したりと頼りにされてるし、頼りになる人だと思います。

自分自身、アルバイト先に求めるのが人間関係で、どんな仕事も人間関係が悪いと働いても楽しくないと思うし、それで辞めるのがもったいないと思うのですが、南風はそういう心配が無いと思います。話せなかった自分がみんなと話して遊べるようになるようなところなので、良いところだと思います。



南風 多治見店

2015.01.01