スタッフインタビュー〈吉原 舞〉

南風スタッフインタビュー/吉原 舞

吉原 舞 Mai Yoshihara

<芥見店アルバイトスタッフ/2018年3月入社>
1999年10月20日生まれ。小学校3年生の時からバレーボールを始め、バレーボール一筋の人生を送って来ました。今は看護学科に入学し、日々勉強に追われながら生活しています!キッチンもホールも勉強も遊びもバレーも、全てをストイックにこなすのが目標です!!!

Q.南風に入ったきっかけは?

南風で働くまでアルバイトをしていたところが正直ブラックでした笑。そんな時に南風で働いているともきやけいたが南風でのアルバイトに誘ってくれました!とても働きやすい環境だったので今は南風だけで働いています。

Q.実際に働いてみてどうですか?

同じ小学校や中学校の時の友達が多くアルバイトをしているのもあり、すぐにみんなと馴染むことができました。どんなに忙しくてもアルバイトのみんなといられるだけでとてもうれしいので南風に誘ってもらえて本当に良かったと思います。

Q.南風で働いてみてよかったことは?

一緒に働く仲間との繋がりです。芥見店メンバーは本当に仲良しだと思います。営業後にみんなで遊びに行ったり飲み会をしたり、たくさんの思い出があります。大学2年生になり、課題が増えて勉強についていくのが大変で悩むことも多くあり、出勤してみんなの顔をみた途端に安心から泣いてしまったこともあります笑。でも、そんな時に出勤すれば大好きなみんなと働いて色々話して一気に悩みが飛んでいきます。だから本当にスタッフみんなと出会えてよかったです!店長が代わり、新しい社員さんも来てくださり、新しいメニューも登場しました!新しい芥見店に生まれ変わったので多くの人に足を運んでもらいたいです!

Q.南風で働いて辛かったことは?

最初はホールでした。今はキッチンにも入らせていただいています。キッチンに入るようになった頃は、包丁を正しく扱うことができず、食材を切るのにとても苦労して、なかなか上達せずキッチンメンバーとして出勤する日がとても苦痛でしたが、コツコツと練習しているうちに包丁さばきにも慣れてきて、今では自分で料理をしたりお弁当を作るのもとても楽しくて、マイブームになりました!

Q.あなたにとって南風とは?

心をリフレッシュできる場所です!

Q.将来の夢は?

将来の夢は看護師として苦しんでいる方の力になることです。私は誰かのためになる事、周りの人に感謝される事をすることにやりがいを感じてきました。看護師になるまでの道のりはとても大変ですが、夢を叶えて一人でも多くの方の力になれるよう頑張ります!

Q.南風でアルバイトを考えている人へメッセージを!

今、高校一年生から大学4年生まで幅広い年代のアルバイトがいますが、先輩方はとても優しく楽しいです!ぜひ悩んでいる方は南風へ!



南風 芥見店

2015.01.01