スタッフインタビュー〈水野 あやめ〉

南風スタッフインタビュー/水野あやめ

水野 あやめ Ayame Mizuno

<多治見店アルバイトスタッフ/2019年8月入社>
5月20日生まれの19歳。中部大学国際英語学部に通う、4月から2年生のホワホワ女子。2人の兄と1匹のワンチャン、陶器屋さんの両親がいて、あーちゃんの家の陶器が以前ローマ教皇が来日した時の晩餐会の盛り付けで使われたという、オシャレなお皿ばかり。AAAが大好きで、特に日高氏のファン。活動休止を前に、バイト代の7割をAAAに注ぎ込もうと決意している。

入って3日目に土曜日の営業で、凄く忙しくてテンパってました(笑)。

南風に入ったキッカケは、みなみからの紹介です。高校時代からずっと誘われていて、卒業したら入ろうと思っていたけど、違う友達と一緒に違うお店でバイトする事になっていました。それでもみなみは「南風楽しいよ!」と熱心に誘ってくれていて、私も環境を変えたいなぁと思っていて、思い切って南風に入ることにしました。

最初の頃、入って3日目に土曜日の営業で、凄く忙しくてテンパってました(笑)。でも、先輩のみんなも優しくて、お客さんにも声をかけてもらって、終わった後は楽しい!と思ってました。多分、動き回ってハイになってたかもしれないです(笑)。

みなみがピッツァを焼いていて、凄いなぁと思っていて。

働いてみて、南風の方が圧倒的に楽しいです!名札を見て、「あーちゃん!」って呼ばれる事が多いし、お客さんと話す機会が多くて、他の店とは違うなぁって思います。

みなみがピッツァを焼いていて、凄いなぁと思っていて、店長からピッツァ練習しよう!って言われても出来るか分からなくて想像出来ませんでした。やってみても伸ばすのが難しくて、いろんな人のやり方を見たり聞いたりして出来るようになりました。でも、まだまだなので、もっと早く、もっとおいしそうに焼きたいと思ってるので、食べに来てほしいです(笑)

店長は忙しい時にも鉄板から気付かない事を言ってくれたり指示してくれるし、ラムジさんは最初は顔が怖かった(笑)。でも、慣れてきて、笑うようになってから話すと楽しいです。2人とも個性的な人で、働いていても楽しいです!

見てる人にメッセージですか?働いていて、楽しい・明るい・優しいお店だと思います。私も人見知りだったのが、今では初対面の人とも話せるようになりました。楽しいし、自分が成長出来ると思うので、是非一緒に働きましょう!



南風 多治見店

2015.01.01