スタッフインタビュー〈玉井 将〉

南風スタッフインタビュー/玉井将

玉井 将 Sho Tamai

<多治見店アルバイトスタッフ/2016年3月入社>
多治見西高校卒業、愛知淑徳大学へ進学し福祉貢献学科で福祉について学ぶ。2019年11月に南風を卒業をひかえ、約4年間にわたり多治見店のキッチンを支えてきた大黒柱!霊が見えるらしく、気になる方は是非(笑)。

Q.南風入社のきっかけは何ですか?

母親の友人の紹介で息子さんが働いていて、その息子さんとは面識が無かったのですが、ちょうどアルバイトをしようと思ってたので前店長のなおきさんに面接をしてもらい、その時になおきさんの南風に対する思いなどを聞いて、何かすごく安心感があって働きたいと思ったのがきっかけです。

Q.約4年間働いてみてどうでしたか?

最初の頃は緊張して誰ともコミュニケーションが取れず毎日のように怒られていましたが、当時一緒にキッチンで働いていたなおきさん、かずささん、現店長の高橋さんに色々なことを経験させてもらって、辛かったけどそのおかげで今は自分も指導を任される立場になっていろいろな人と関われて、自分でもわかるくらい人として成長もでき本当にこの4年間最高でした!

Q.現店長高橋さんはどんな人?

よく周りを見ていて、忙しときでも声をかけてくれたりととても頼りになる方です!

Q.将来の夢は何ですか?

社会福祉士になって障害者支援などを行っていき沢山の人と関わって頼られる人間になりたいです!

店長から一言!

〈店長〉高橋
入ってきて、最初は『全然喋らないし無表情、身体も弱いし、こんなんでやっていけるのかなぁ』と正直思ってました。それが今では明るくなり、後輩に指導するなど良い手本となってくれて、『しょうがいるから今日は安心だ!』と思わせてくれる人になってくれました。しょうと一緒に働く事で、『人は変われる』と実感させてくれました。今のしょうなら、就職しても頑張ってやれると信じています。ま、何かあったら南風に就職すれば良いし(笑)。しょうなら大歓迎です!とにかく、長い間お店を支えてくれてありがとうございます!今後の人生も頑張って下さい。そして、卒業したら店長とアルバイトでは無く、友人として飲みにでも行きましょう!


南風 多治見店

2015.01.01