スタッフインタビュー〈小原 みなみ〉

南風スタッフインタビュー/小原みなみ

小原 みなみ Minami Ohara

<多治見店アルバイトスタッフ/2019年2月入社>
2000年8月29日生まれ。土岐商業のビジネス科を卒業し椙山女学園大学へ進学。人間関係学部 心理学科で心のメカニズムを学び、将来はカウンセラーを目指している。

Q.南風入社のきっかけは何ですか?

お姉ちゃんが南風の卒業生で、そのころ私はまだ小学生だったので話は聞いてなかったのですが、働こう!って思ったきっかけは、私が南風で働くか迷ってるとき、お姉ちゃんから『忙しいけど店長は面白くて、常連さんがいて楽しくお話したり、バイトの人たちとは仲良いよ』って聞いて働きたいなって思ったのがきっかけです!何度か友達と食べに来たこともあって、忙しくて大変そうだったけどみなさん楽しそうに働いているのを見てその姿がカッコイイと思いました。

Q.実際働いてみてどう?

最初の頃は周りが年上の先輩ばかりで気を使うことも多かったのですが、社員さんやバイトの先輩たちみなさん優しく声かけてくれたりして、今はすごく楽しく働けてます!あと今ピザを焼くポジションをやらせてもらってるのですが最初は失敗ばかりで嫌だったのですが、店長に『今焼けてる子達も最初は失敗ばかりだったから大丈夫』と励ましてもらったり、他のみんなも応援してくれたおかげで今は上手に焼けるようになって、ホールで働いている時には感じなかった自分の作った料理をお客様に食べてもらえることの嬉しさも感じてます!

Q.南風で働いて変わったことは?

将来スクールカウンセラーを目指しているのですがそれに一番大切と言ってもいいコミュニケーション能力が高まったことです!お客様やスタッフとの日々の会話で日常的な会話やお客様の表情を見ての対応などなど、学校や日常生活では学べないことを沢山学ばせてもらっていて自分でも変わったな!と感じてます

最後に一言どうぞ!

私は南風で働く前はいろいろなアルバイトをしてきましたが、今では南風が一番居心地が良いです!お金だけじゃなくて将来自分が社会にでで絶対役に立つことが学べると思います!みんな優しくて面白い人たちばかりで毎日が楽しいです!


南風 多治見店

2015.01.01