正社員の生の声2020〈シュレスタ プラカシュ〉

南風 正社員の生の声2020/シュレスタ プラカシュ

シュレスタ プラカシュ Shrestha Prakash

<マネージャー/2010年アルバイト入社>
1985年11月29日、たくさんの自然とエベレストのある国ネパール生まれ。首都カトマンズ育ち。人生勉強の為2009年に来日。翌年南風にアルバイト入社。爽やかな笑顔を最大の武器に、キッチンでは鉄板職人として、ホールでも日本語、ネパール語、英語、インド語を自在に操り活躍!現在はマネージャーとして各店の指導にあたっている。


Q.2019年、社内の動きや自分の出来事で一番印象深いことは?

2019年私にとって大きな変化のあった一年でした。ずっと夢だった沖縄での出店が一番だと思いますが、それとともに芥見店でネパール料理が始まったのも自分にとって、会社にとって、社会にとって大きな変化だと思います。ついにネパール社員も増え、会社もグローバル化になったと思います。

Q.現在働いていて、楽しさややりがいを感じる時は?逆に辛いなあと感じる時は?

最近働くのがもっと楽しくなってきています。やはり自分のチームや場所あるのは大事だなと感じました。やらないといけないし、絶対やれると思って今店も任してもらっているので絶対にやって見せます。仕事だけではなく家族も大事なので、今家族にあまりに時間がなくちょっと大変です。後通勤も大変ですが頑張ります。

Q.給料、ボーナス、休み、待遇についてはどうですか?

給料、ボーナス、休み他に比べるといいと思います。自分が頑張った分どんどん上がっていくのでそれは満足しています。これを書いたらまた給料あげてくれるんじゃないかなぁ。笑笑

Q.南風に入社して、自分自身が成長したと思う所はどこですか?

南風入社して自分にとって日本語もそもそもと思いますが、言葉の使い方、自分の言葉の大切さ、基本的なマナーから人間関係、周りの人たちへの思いやりや人との関わりを大切にできるようになったと思います。

Q.2020年、どんなことに期待していますか?

2020年また新たに新しい環境での新しいチームとしての成長、また新しい仲間が増えること、今よりも給料、ボーナス、休み増えてもっと幸せになる会社の期待しています。

Q.南風に入社しようか悩んでいる人へエールを!

どんな会社にも長所もあれば短所もあります。私の場合、就職したい会社で実際に働くことを想像し、良い点はもちろん様々なポイントで比較していきました。そして、「この部分はちょっと・・・」と自分には合わないと感じるポイントがほとんどなかったのが南風です。色々な角度から会社を把握することで、南風を深く知ることができたと思っています。