正社員の生の声2021〈上田 直輝〉

正社員の生の声2021/上田直輝

上田 直輝 Naoki Ueda

<中城店店長/2007年5月入社>
1980年7月28日生まれの申年。沖縄県那覇市首里出身。27歳の時南風に出会い、沖縄出店のため半年だけの研修という約束で岐阜県多治見市に移り住むが、突如出店の話が白紙に。そのまま多治見店に残り、鉄板とピッツアの修行を積み、不動の人気店長となる。2020年、ついに夢の沖縄出店。南風流をマスターしたうちなーんちゅが故郷に錦を飾る!


2020年、社内の動きや自分の出来事で特に印象深いことは?

2020年はコロナという大変な一年でした。観光客がいない沖縄は本当に寂しい景色で時間が止まってるかのようでした。沖縄は緊急事態宣言が長かったのでみんなの足を引っ張りまくってしまって残念です。他の店舗のみんなに感謝してます。

現在働いていて、楽しさややりがいを感じる時は?逆につらいなぁと感じる時は?

来てくれるお客さんは南風の雰囲気や料理を気に入ってくれて、地元の方々が喜んでくれているのを感じることができて、嬉しいです。ただこのコロナで飲食店という自分達の職業の弱さを肌で感じてます。

給料、ボーナス、休み、待遇についてはどうですか?

給料やボーナス休みなどの不満や要望はありません。働ける体があって、店が存在して、全然シフトに入れてあげられないけどアルバイトのみんなが辞めずにいて応援してくれることに感謝です。

去年と比べて自分自身が成長したと思う所は?

今僕より年上の方と働いていて、飲食店も長いんですが、料理の知識や考え方などとても勉強になります。自分に足りないところを認めて成長していきたいです!

2021年、どんな事に期待していますか?

2021年もまだまだコロナを引きずってますが、観光客の方や地元の方も少しずつ動いてきているので、早く夏までにワクチンが行き渡り、世界中の経済がV字回復になってほしいです。

2021年、絶対にやろうと思っている事はなんですか?

絶対にやろうと思ってることは、沖縄に帰って来て、やっぱり沖縄そば美味しいなと感じます。何故か飽きないし、個性があってみんなうまいんです。こだわりのオリジナルの沖縄そばをつくりたいです。少しラーメンっぽいイメージです。

南風に入社しようか悩んでいる人へエールを!

南風はホームページをみて分かると思うんですが、みんな個性派揃いで、みんな温かく、居酒屋という職業が大好きな集団です。このコロナで全国の飲食店は大変な思いをしています。必ずこの危機を乗り越えていきます❗️