正社員の生の声2019〈橋詰 寛樹〉

南風 正社員の生の声2019/橋詰寛樹

橋詰 寛樹 Hiroki Hashizume

<名古屋駅前店店長/2016年10月アルバイト入社。2016年12月より正社員>
1985年、沖縄県宮古島市生まれのミャーク人。包丁、フライパンを手にしたのは幼く5才の頃。高校生の時に創作居酒屋でアルバイトとして料理の世界に入る。一度は料理の世界から離れるも、再び返り咲く。憧れの先輩の『料理に終わりはない!』という言葉を胸に、日々新しい事に挑戦。和洋中をベースに創作料理を得意とする。メニューに無い料理も柔軟に対応!


Q.2018年、社内の動きや自分の出来事で一番印象深いことは?

2018年はホントに色んな出来事があった年でした!中でも社内の大きな動きとして南風が新しい業態に挑戦!ネパール料理と沖縄料理を掛け合わせたナマステ南風をオープンさせた事!テレビ取材や知事が来るなどホントにパンチの効いたお店を造っちゃいました!そして、今まで名駅店でボスとして勤めていたレカナスさんがナマステ南風の店長となり、僕が店長となり名駅店のボスになった事!丸の内店からプライベートでも仲が良かったちはるさんが相棒として移動してきたこと、本当にまだまだ色々ありますが濃い一年になりました!

Q.日々働いていて、楽しさややりがいを感じる時は?逆に辛いなあと感じる時は?

1日1日が本当に楽しく思えるお店です!前職はサラリーマンや配達業務、サービス業など色々な職場を転々としていました。勿論勉強にもなりましたし、それなりの楽しさはありました。ですが、南風という会社に入社して労働時間が前より長くなり、肉体的にも辛い時はありますが、それ以上に楽しさの方が圧倒的に上だと感じます!大人になると学生時代は誰もが「あの時は楽しかった!」とか、「あの時は良く笑った!」とか言うと思いますが、うちのお店では学生時代の様な笑い、楽しさが毎日あります!毎日沢山のお客さんと出会い、毎日普段働いてる仲間達とふざけあい笑いあえて幸せだし、帰り道も肉体的に疲れていても充実感に溢れていて次の日が楽しみになっています!ドMです!

Q.給料、ボーナス、休み、待遇についてはどうですか?

給料は満足してないです!って言っておきます!まだまだ増やす予定ですし!!ボーナスも同じく!!有給はしっかりありますし、待遇はかなり良いと思います!社長が代わり会社全体の流れが上がってきてるのが肌で感じ目でハッキリと分かります!まだまだ成長過程だと思いますが、うちの社長はやり手です!!不安はまずないです!

Q.あなたにとって南風の良いと思うところ(価値)は何ですか?

社長が信頼出来る!距離が近い!
仲間達が本当にいい子ばかり!
毎日がドラマチック!
誰かに認めてもらえる!
女性客が多い💝
頑張った分だけ見返りがある!
大きな会社になる事が信じられる!!!

Q.2019年、どんなことに期待していますか?

いよいよ沖縄進出を狙ってる社長に期待を膨らませてます!僕達沖縄人にとって沖縄進出は大きな一歩になると思ってるので、是非沖縄の出店を現実にしてほしいです!後、名駅店は今年からが本当の勝負だと思ってます!以前の店長レカナスさんが偉大な男だったので、その方に負けないように相棒のちはるさんと今いるメンバー達と共に助け合い団結して高みを目指していきたいと思います!

Q.南風に入社しようか悩んでいる人へ一言。

入社しようと考えてる方は本当に一度 代表に会ってもらいたいです!そこで見極めてもらえると思います!入社するなら数年、十数年共に働くと思います。そんな中、本当にこの人についていけるのかどうかは会えば分かります!僕はキュン死しました!