正社員の生の声2019〈伊藤 史哉〉

南風 正社員の生の声2019/伊藤史哉

伊藤 史哉 Fumiya Ito

<芥見店正社員/2015年4月入社>
1996年11月14日誕生。名古屋生まれの名古屋育ち。享栄高校の機械科で溶接や電気回路、旋盤などを学ぶが、飲食店に就職という異例のチョイス。南風庄内通店、栄北店と経験後、2017年11月より期待を背負い芥見店に異動。179㎝の高身長から繰り出されるいじられのおバカキャラを武器に、新天地で輝ける漢を目指すメガネ野郎!彼女募集中!笑


Q.2018年、社内の動きや自分の出来事で一番印象深いことは?

2018年印象に残ったことは、初めて南風での料理グランプリ(スイーツワングランプリ)に出場したことです。自分の作った料理が評価されることは初めてですごく緊張しましたが、自分の糧になったとおもいます。結果は最下位で悔しい順位になってしまいましたが、芥見店のみんなが応援してくれて嬉しい気持ちでいっぱいでした。また料理グランプリがある時は修行してから挑みたいです。

Q.日々働いていて、楽しさややりがいを感じる時は?逆に辛いなあと感じる時は?

南風には各店色々な調理場があり、鉄板、ピザ場、焼鳥など色々な経験ができて楽しいです。辛いなと思うことは、時間帯が他の友達と違うので予定がなかなか合わないのが辛いです。

Q.給料、ボーナス、休み、待遇についてはどうですか?

飲食店は給料、休みなど少ないっていうイメージが一般的です。正直そうだと思います。でも南風はそのイメージを無くそうと考えてくれています。

Q.あなたにとって南風の良いと思うところ(価値)は何ですか?

色々な料理に挑戦することができること、旅行なども連れてってくれるので楽しいです。とりあえず色々な経験ができるっていうのが南風の良いところです。

Q.2019年、どんなことに期待していますか?

彼女ができていることに期待したいですね(笑)。仕事も楽しんでプライベートも楽しんでる、のに期待したいです。

Q.南風に入社しようか悩んでいる人へ一言。

僕の好きなプロレス選手にこう言っている名言があります。「迷わず行けよ。行けばわかるさ」アントニオ猪木。迷わず入社して、入社したら楽しいことがたくさんあるってゆうのを伝えたいです。