正社員の生の声2022〈ウパダヤ ベッド パラサード〉

正社員の生の声2022/ウパダヤベッドパラサード

ウパダヤ ベッド パラサード Upadhyaya Bed Prasad

<栄北店正社員/2020年1月入社>
1981年6月、ネパール生まれ。栄北店に新たにネパールの風を吹かせるべく南風にやってきたカレー&ナン職人。顔は怖い(笑)が、とっても真面目で優しいグッドネパリ。


2021年6月〜2022年5月、あなたにとってどんな1年でしたか?印象深いこと、良かったこと、楽しかったこと、後悔してること、辛かったことなどを教えて下さい。

一番印象に残っているのは栄北の町で働くことができたことです。コロナが落ち着いた時に、この町で、美味しいネパール料理を提供することができて嬉しいです。でも、コロナでお客様の来店があまりなかったのは辛かったです。

あなたの考え方や行動の基準となる言葉やモットーはなんですか?

とにかく美味しい料理の提供と、一生懸命頑張ること。当たり前のことをしっかりしていくこと。

アルバイトスタッフと働く中で、大事にしていることは何ですか?

美味しい賄いを作ったり、話したりすることです。コミュニケーションをとるのは難しくても、心の声を聞いて動いたりしています。

南風に入って、自分自身が成長したと感じる所はどこですか?

日本人と働けたこと、日本料理が作れるようになったことや日本語のレベルが上がったことです。少しでも常連さんたちとコミュニケーションをとったりしているところです。

あなたにとって南風の魅力を3つ教えて下さい。

明るい!ファミリー的な存在!将来の道が広い!

南風に入社しようか悩んでいる人へエールを!!

いい会社です。来てみないとわからないと思いますので、一度食べに来てください。