正社員の生の声2018〈中村 祐樹〉

中村 祐樹 Yuki Nakamura

<新栄葵店店長/2007年12月入社。>
1984年、愛知県名古屋市生まれ。学生時代は窯業高校にて陶芸を学ぶ。その後、夜の世界を経て南風入社。お客様とスタッフを愛しまくり、関わるみんなの幸せを心から願う、南風自慢の「喜ばせ隊」隊長!2017年11月には新栄葵店を立ち上げ、店長として喜びの風を吹かせまくる!飲食店大好き野郎(笑)。


Q.なぜ南風に入ったんですか?

鉄板職人になりたかった。知ってる人もいて、南風に行ったときに良いお店だなーって思ったんですが、その時ボクは高校生。初めて南風にお客さんとして行ってから6年後の入社。

Q.実際に入社して感じたコトは?日々感じているコトは?

入社してまじでキツイ日々でした。上司のパワハラや、休みが無いなど、なんども辞めたいって思いましたが、鉄板に対する強い思いが常に勝っていました。絶対に認めてもらい鉄板に立つんだ!という思いが、憧れが何より日々のやる気の原点でした。それから鉄板に立ち、店長になり、オープンキッチンというホールスタッフもキッチンスタッフも同じ空間でお客様とのコミュニケーションがとれる最高の空間であると気づきました。日々感じることは、辛い辛い経験こそ自分の宝であること。一つ一つの経験が、必ず自分の成長になり、自信になり、精神が強くなり、成果となり、信じる思いと行動ができる。お客様、スタッフ一人一人に感謝する思いは、この会社での経験で気づけたこと。そんな南風という会社に日々感謝する思いです。

Q.給料、休み、待遇についてはどうですか?

休みは本当に安定しませんが、結果に対して給料もここまで上げてもらい満足しています。やったこと、だした結果が認められる会社だと思います。

Q.今後、自分がどうなっていきたいですか?

ひとつのお店の店長ではなく、どんどん挑戦していたいです!


求人案内はこちら!


Comments are closed.