STAFF INTERVIEW 170502

南風スタッフインタビュー/平あかり

平 あかり Akari Hira

<本店アルバイトスタッフ/2016年10月入社>
名古屋市北区出身、1997年生まれの大学生。電気屋さんの娘なので、名前があかり。あだ名はぺい。子供の頃から夢だった看護師を目指し、学業とアルバイトに奮闘中。趣味はアコースティックギターを弾くこと。


優しくて明るくて、働いてるときの目がみんなキラキラしてて。

南風でバイトを始める前は、お客さんとして何回か食べに来ていて、雰囲気がすごくよくて、料理もおいしいなと思っていました。高校の友達が本店でバイトをしていたので、その子の紹介で入社しました。実際に入ってみたら、周りのスタッフとすぐ打ち解けられました。人もいいし料理も好きだし。なんていうんですかね、とにかく働いている人がいい人。いい人っていうのは、入ってわからないこととか全部細かく教えてくれたり、優しくて明るくて、働いてるときの目がみんなキラキラしてて。そういうみんなを見て、自分も絶対こういう風になりたいって思いました。

入って一ヶ月位して尊敬できる先輩ができました。それが千尋さん(南風退社後ピッツェリアへ就職)だったんですけど。積極性とか周りをよく見て行動できる。千尋さんがシフトに入ってる日は雰囲気が違う。なんか周りの皆を明るくしてくれる、いい意味でのムードメーカーみたいな感じでした。すごい憧れて、私もああいうふうに接客したり会話したりしたいなと思い、南風一筋で頑張ろうと思いました。

看護師という自分の夢のひとつとして勉強になる。

私のお母さんが看護師で、小学校の頃から私も看護師になりたいなと思っていました。お母さんの事が大好きですごく尊敬もしています。店長の毛利さんには最初面接で「とりあえず明るく元気にやって!」って言われました。人とのコミュニケーションがすごい大事だと思っていて、南風はお客さんともいろいろお話したりする店なので、南風で働くことが看護師という自分の夢のひとつとして勉強になるなと思っています。毛利さんにそうやって言われてから、普通に歩いている時なども笑顔でいられるようにしてたら、自分の内面からも性格が変わりましたね。今まで積極性が無かったんですけど、南風に入ってからは、お客さんと自分から話すようになりました。毛利さんにそうやって言われて、明るく頑張ろうと思えて。毛利さんの言葉って一言一言が響くんですよ。「ああっ!」て思って勉強になる事もいっぱいあるし。面接の時の「明るく元気に」という言葉がすごく印象に残ってて、絶対南風で頑張ろうって思って続けています。毛利さんの言葉で!

バイト入ってて良かったーってくらい!

シフトは週3〜5回、18:00〜23:00が多いです。シフトの融通はめっちゃきいてもらってます。急に「補講が入って遅れます!」みたいな時も、「いいよー」みたいな感じで。周りの子もそれを補ってくれています。今は本店に在籍していますが、庄内通店へのヘルプにもよく行っています。庄内通店に行ってから本店にくると、なんかもう家に帰ってきたみたいな感じになっちゃいます!やっぱりなんか落ち着きますね!もちろん庄内通店もみんないい人で好きです!笑。南風は色んな店舗があって、ボーリング大会とかイベントとかで仲良くなれるんですよね。そこもめっちゃいい所だと思います!もっとイベントやって欲しいくらいです!笑。南風のバイトを嫌だとか憂鬱だなとか思った事がないです。むしろ、嫌な事あった時に気分を変えて頑張ろうってなれます!バイト入ってて良かったーってくらいです!

スタッフはみんな明るいし優しいです!南風で働いたら、絶対自分の何かが変わると思います!南風でバイト検討中の皆さん、ウェルカム南風!笑


ぺいちゃんが働く南風本店の情報はこちら!


Comments are closed.