正社員の生の声2018〈福地 涼〉

福地 涼 Ryo Fukuchi

<芥見店店長/2016年5月アルバイト入社。2016年6月より正社員。>
1987年生まれ。沖縄県与那原町出身、浦添工業高校調理科を卒業、調理師免許を取得。石川県、愛知県、大阪府で様々な仕事を経験。「人との出会いで人間は成長できる!」をモットーに、2016年に南風入社。地元を離れて頑張る人、日々の仕事を頑張っている人のために、癒しの空間と「ヌチグスイ」料理を提供するために日々精進!2017年1月より栄北店から芥見店へ異動。その人間力をかわれ入社2年目にして店長となったうちなーんちゅ。


Q.なぜ南風に入ったんですか?

南風に入社した理由は、将来自分で沖縄料理店を出すためです!色々な沖縄料理店、居酒屋の求人を見ましたが、南風の公式ホームページが一番クールでした!

Q.アルバイト時代を思い返して、どんな気持ちでどんな風に働いていましたか?

29才という年齢でアルバイトをするのは正直辛い思いでした . . . 。自分よりも10才以上年下のメンバーばかり . . . 。とりあえず今までの経験を活かして早く仕事を覚えて、会社の力になれるようにと考えていました。

Q.社員になったいきさつは?

もともとやるなら社員で本気で飲食店と向き合いたいと思っていました。当時お店の店長だった毛利社長には社員希望と伝えていたので、社員として改めて採用された時は嬉しい気持ちでした!

Q.実際に社員になって感じたコトは?日々感じているコトは?

社員として働き始めた時、今までの飲食店よりも福利厚生はしっかりしてると感じました。休みも連休ももらえました。新入社員ですが20代後半、年下の社員は僕とは絡みづらくて大変じゃないかなと感じてました。社員になった今でも、日々仕事での苦労や悩みを感じてますが、ひとつひとつ乗り越え、成長できる楽しみを感じています。

Q.給料、休み、待遇についてはどうですか?

給料については . . . もっと自分が努力します!やはり自分の店を持つのが夢なので、しっかりと貯金できるぐらいは欲しいです!休みは飲食店にしては多い方かと思います。ただ、今の飲食店、飲食業界はもっと待遇を改善していかないといけない気がします。若い子たちにとって辛いのかもしれないとか感じます。

Q.今後、自分がどうなっていきたいですか?

自分のなりたい自分を、自信を持って言えるようになりたいです!とりあえず色々と結果を出して、色々な人から認められるようになりたいです!


求人案内はこちら!


Comments are closed.