正社員の生の声2018〈野原 千晴〉


野原 千晴 Chiharu Nohara

<栄北店正社員/2017年4月入社>
1999年、岐阜県高山市生まれ。高校時代、ラーメン屋を2つ掛け持ちバイトしていて、ラーメンと接客が好きになり飲食の道へ。身につけた特技は3通りの湯切り。趣味は動物を見たり触れ合う事と、ジェットコースター。ナガシマスパーランドが空いている日を狙って、のりまくりに行っている。行けない日が続くと、代わりにエレベーターに乗って無重力感を味わっている。バレーボールも大好きで、バレーをすると元気が出る、おっとり系ゴリラガール。


Q.なぜ南風に入ったんですか?

友達に誘われて南風の見学に行ったこところ、人柄やお店の雰囲気、あたたかさに惹かれて入社しました。あと、高校生の頃、バイトで飲食を経験して、自分のため、人のためになるたくさんの経験ができたから、さらにその上を求めて。

Q.実際に入社して感じたコトは?日々感じているコトは?

本当にアットホームだと思います。信頼する人もでき、友達もでき、違う店の人ともたくさん交流でき、毎日楽しいです。飲食店はスタッフやお客様、毎日たくさんの人と関われるので、本当に人として前より内面から成長できてるし、変われていると感じます。ただ、やっぱり人間関係は時にはうまくいかないとすごく感じます。が、周りの人たちの支えがあり、とても幸せだと感じます。

Q.給料、休み、待遇についてはどうですか?

高校卒業して一人暮らしを始めて、正直なかなか貯金まではできず、少し苦しい時もありましたが、いろいろな事の大変さが身にしみてわかるのでちょうどいいくらいです(笑)。休みは有給もあるしシフトなので、友達とも割と遊べるし、実家にも帰れているので特に不自由ないです。十分です。

Q.今後、自分がどうなっていきたいですか?

人と関わり、色々な事を学び、経験をして人としてしっかり育ちたい。少なくても南風は私にとって最高の学び場であり幸せの場でもあるので、立派な南風人になっていきたいと思います。